Windows10にインストールした時のまとめ。

環境

  • Windows10
  • MongoDB:3.4.6

本体インストール

下記サイトから環境にあった最新版をダウンロード
MongoDB本家サイト(英語)

ダウンロードしたmsiファイルをインストール
独自の場所にインストールする場合は「Customize」を選択する事。

以下のディレクトリを手動で作成
C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\data
C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\logs

以下のディレクトリをWindows環境変数Pathに追加設定
C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\bin

Windowsサービス登録

設定ファイル作成
下記フォルダに「mongodb.conf」ファイルを作成する。
C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\mongodb.conf

systemLog:
destination: file
path: C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\logs\mongodb.log
logAppend: true
storage:
dbPath: C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\data
net:
bindIp: 127.0.0.1
port: 27017
setParameter:
enableLocalhostAuthBypass: false

MongodbのコマンドでWindowsサービス登録
下記コマンドを管理者でDOS窓を開いて実行します。
mongod.exe –config “C:\Program Files\MongoDB\Server\3.4\mongodb.conf” –install –serviceName MongoDB
※configファイルへのパスは絶対パスで行う事

サービス起動

初回は「コントロールパネル⇒管理ツール⇒サービス⇒MongoDB」からサービスを起動する。2回目起動からは自動で実行されるはず。